だんご鼻・わし鼻・鼻筋を整えたいなどの
お悩みを解決します。

降鼻術:鼻筋を高くする手術

Nose

降鼻術とは…

鼻根部、いわゆる鼻筋を高くする手術です。鼻筋が通ることで、相対的に小顔の効果を期待することもできます。

降鼻術の2つの方法

プロテーゼ(シリコン)を挿入する手術と、手軽にヒアルロン酸を注入する方法があります。

プロテーゼ挿入手術

右の鼻の穴の中を小さく切開し、プロテーゼを挿入します。 傷は鼻の穴の中なので外からは見えません。 このプロテーゼ挿入手術には、3つのポイントがあります。

プロテーゼ3つのポイント

①プロテーゼは加工する必要がある

市販されているプロテーゼは何種類もありますが、そのままの形で使用できることはほとんどありません。 額の湾曲や鼻骨の凹凸など、患者様それぞれ全く違う鼻の形があり、希望している高さも様々です。 バランス・希望に沿うように手術するには、丁寧にプロテーゼを加工する必要があります。実はプロテーゼの手術で最も時間がかかるのがこの手技になります。

②プロテーゼは骨膜下に挿入する

プロテーゼは骨膜下に挿入する

プロテーゼの正しい挿入位置は骨膜(鼻骨の上を覆っている膜)と、鼻骨の間です。 骨膜の下に入れることでプロテーゼが安定し自然な鼻となります。 この骨膜の下にプロテーゼをいれることは最も基本的な事なのですが、他院でプロテーゼ挿入手術を受けた方の中には、骨膜の上にプロテーゼが入ってしまっている方が本当に多くいらっしゃいます。骨膜の上に入っていると、プロテーゼが左右にずれることや鼻先から飛び出してくることもあります。プロテーゼ挿入手術を検討されている方は必ず執刀医に挿入場所を確認するべきでしょう。

③鼻尖部は高くできない

プロテーゼの挿入で鼻尖部(鼻先)を高くすることはできません。 極端なL型のプロテーゼの使用等で、鼻尖まで高くしてしまうと鼻尖の皮膚に力が加わり続けてしまい、最終的に皮膚を突き破り露出します。 鼻尖を高くすることを希望される方は、軟骨移植の適応となります。

軟骨移植の詳しい説明はこちら

一般的に鼻のプロテーゼ挿入は怖いイメージが強いようです。
実際、他院でプロテーゼを挿入した後、修正で当院に来院される患者様は、単純に隆鼻目的で来院される患者様と同じくらい多数いらっしゃいます。しかし上記の③つのルールさえ守れば、とても安全で効果的な手術とも言えます。
以前プロテーゼを挿入したことのある方は、少しでも気になる箇所があれば一度お気軽に御相談ください。

プロテーゼ挿入の手術時間は約30分(うち15分程度はプロテーゼの加工)です。
2日間のテープ固定が必要で、1週間後に抜糸となります。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入に関しては<プチ整形>の項目を参照して下さい。

Symptom

症例写真

どれだけ小さな相談や悩み事であっても、
まずは患者様の話をよく聞かせていただき、
理解・納得のいく十分な説明をすることをお約束します。

Other body region

その他の部位一覧