わきが・多汗症

汗や汗の臭いによるお悩みを解決します。

ワキガとは -汗と臭いのメカニズム-

Wrinkle.Sagging Skin.etc

ワキガ・多汗症の原因となる汗腺の特徴について

脇には、アポクリン腺・エクリン腺・皮脂線が存在し、それぞれが決まった役割を果たしています。

(1)アポクリン腺

「ワキガ(腋臭症)」の原因となる汗腺です。 アポクリン腺からの分泌液が、細菌と反応して匂いを発生します。俗にフェロモンとも言われますが、量が多い方は「わきが」になってしまいます。アポクリン汗腺はワキを中心に特定の場所に多く存在し、アンモニア、脂肪を含むため粘り気がある物質を出します。そのアポクリン汗腺からでる物質がワキのニオイや黄バミ・黒ずみの原因にもなっています。

(2)エクリン腺

エクリン汗腺は全身に存在し、エクリン汗腺から出る汗は99%が水分でできています。暑い時や運動時に体温調節のために分泌され、皮膚の殺菌作用もあります。汗自体はサラッとしており粘り気もありませんが、このエクリン汗腺から出る汗の量が多すぎる場合は「多汗症」の症状となります。いわゆる「ワキガ」の臭いは多汗症ではありません。しかし、多汗症の人が腋臭症でもある事はよくあります。

(3)皮脂腺

油を分泌する腺です。にきびなどの原因となります。

ワキガ・多汗症をセルフチェックしましょう

下記に該当する人は注意しましょう。

  1. 家族にワキガの人がいる
  2. 耳垢が湿っている
  3. シャツのワキが黄ばむ
  4. 人から臭いを指摘されたことがある
  5. 肉料理、油っこい料理を好む
  6. ワキの毛が生えている部分が広く、太い、濃い
  7. 消臭スプレー、制汗剤をよく使用する

ワキガ・多汗症の治療と対策

「ワキガ」にはさまざまな治療法・対策が紹介されておりますので、患者様が広告宣伝に惑わされず、ご自身の判断で、希望の手術を選択出来るようご説明します。

(1)効果を出す

汗腺をしっかり除去出来ているかという事が第一になります。除去不良があれば汗やニオイが残ります。

  • ワキガ…(ニオイが気になる) アポクリン腺をしっかり除去する。
  • 多汗症… (脇の汗が多い) エクリン腺をしっかり除去する。
  • わきが+多汗症… アポクリン腺・エクリン腺をしっかり除去する。通常はこの場合がほとんど。

(2)効果と傷跡

「ワキガ」手術の際、患者様が一番気にされるのは傷跡でしょう。手術後の傷跡は大きく分けて2つです。

①切開線の傷跡

脇のしわと同化してほとんど分からなくなります。この切開線を小さくするという広告を目にしますが、実際にはあまりメリットはなく、消費者の目を引くためのものが多いと思われます。

②有毛部の汗腺除去部位の皮膚の状態

「ワキガ」の手術跡でもっとも気になるのがこの部分です。 それでは、皮膚のダメージと傷跡についてご説明いたします。

①表皮は1ヶ月位で生まれ変わり、新しく再生されます。真皮は再生されません。

②真皮層にダメージが加わる事が術後の傷跡に大きく関係します。ダメージが多ければ、術後の皮膚の硬さ・黒ずみの回復が遅くなり、ダメージが少なければ早いです。

③アポクリン腺は、真皮より下の脂肪層に多く分布します。真皮のダメージが少なくてすみます。 ※大部分は脂肪層寄りにありますが一部は真皮側にへばりついているため、完全に除去しようとすれば真皮へのダメージは大きくなります。

④エクリン腺は、真皮にへばりついています。真皮へのダメージは大きくなります。

手術法による手術効果と傷跡の関係

(1)吸引法

皮膚に5mm程度の穴をあけて汗腺を吸引していきます。エクリン腺は真皮にへばりついているためアポクリン腺しか吸引出来ません。応用で、超音波・レーザーを使う方法をよく見かけますが、通常におこなう吸引法と大差はありません。汗腺をたくさん除去しようとすれば、比例して真皮へのダメージが加わり回復が遅れることは免れません。

(2)剪除法(切開法)

5cm程脇のしわに沿って切開し、汗腺のある部分の皮膚を剥離します。剥離した皮膚を反転し、直視下に汗腺を除去していきます。 前述したとおり、真皮にへばりついた汗腺を完全に除去しようとすれば、比例して真皮へのダメージ・回復は遅くなります。

Symptom

症例写真

どれだけ小さな相談や悩み事であっても、
まずは患者様の話をよく聞かせていただき、
理解・納得のいく十分な説明をすることをお約束します。

Other body region

その他の部位一覧